• 選び抜いた天然石で意思・意志・遺志を込めたジュエリーを制作

ストーンと心が出逢う瞬間に立ち会うと、いつも思うんです。

なんて美しいんだろう、と。

それは一つとして同じメッセージはなく、それぞれの強いきらめきを感じさせてくれるから。

 

12月23日(土)大阪 心斎橋にてストーンソウルメッセージレッスンを開催させて頂きました。

私のレッスンでは回を重ねるごとにペンデュラムが大ヒーバー(笑)

ストーン選びでの相性を確かめてもらうために使っていますが、やはり皆さん大興奮でグルングルンと回してくださいます。

かなりの確率で相性というものが働いて、すぐに反応してくれるものもあれば、そうでないもの。

時間をかけて反応が強くなるものなど、本当に様々。

 

そんなレッスンの間。

ずーーーっと根気よくストーンと向き合ってくれたM子ちゃん。

 

もはやペンデュラムを使いながらのストーン選びは瞑想のよう。

自分にとって確かな感情を乗せたストーンとはどれなのかと階段を一つ一つ上がるかのように順序立てて選んでくれました。

 

そんなM子ちゃんの妥協せずに向き合い続ける姿に、深い葛藤をひしひしと感じました。

 

【ストーンレシピ】

天眼石(天の目が宿りあなたを守護する)

クリスタル(昇り龍・梵字 運気上昇・神の加護、守られている心の平安に満たされる)

インカローズ(バラ色の人生)

ローズクオーツ(あなたを愛し、あなたを信じる)

ブルーレースアゲート(人との絆を大切にする友愛の波動があなたに打ち寄せます)

ラピスラズリ(持ち主をさらなる高みへと昇らせる上昇の運気と、そのための克服すべきミッションを示す)

 

ストーンに対して向き合う人は、未来を描く人と、今を描く人がいるように思います。

M子ちゃんはしっかりと『今』を生きていて、『今』超えなければならないものがあると違和感を感じてる。

 

レッスンではお選びいただいたストーンをメッセージシートにまとめます。

一番のストーンはどれだったの?に対して迷わず天眼石を指差して。

「このにじむような縞目が気になったの。」と。

そして、M子ちゃんが最後に入れたストーンはローズクオーツ。

愛を注ぐストーンでした。

 

天眼石の縞目は結晶過程のストーンの命の年輪のようなもの。

天の目が宿ると言われるその風合いは、むしろ大地から重ねてきた命の素晴らしさを伝えている。

大地がM子ちゃんの姿勢そのものを表しているように感じました。

自分自身の積み重ねてきた『今』をより確かにするのは、自分自身を愛することなんだと、最後に選んでくれたローズクオーツが伝えてくれているよう。

 

誰の言葉でもない、

自分がどうあるべきを自分自身で丁寧につむごうと懸命に見つめる姿に熱くなりました。

【ストーンメッセージ】

あなた自身を愛してください。

あなたが本当の意味で自身に愛を注げたならば、あなたがどう在ればいいかはすぐにわかるでしょう。

あなたのまっすぐな眼差しはあなたの強さを知っています。

どうか優しくあなたの心に触れてあげて。

ブレスレットにつけたいと言ってくれたラピスラズリのチャームもしっかり着けれました🙂


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA