• 選び抜いた天然石で意思・意志・遺志を込めたジュエリーを制作

ひとつとして同じもののないストーン。

今回出逢ったストーンは、まさに唯一無二。

魂の鼓動を感じさせるジオードボール。

 

ジオードボールとは、ストーンが何万年もかけ結晶する過程で、その内部に大小様々な空間ができたもののこと。もちろんストーンの種類や形によっても多様で、比較的よく出回っているのはアゲート(瑪瑙)ではないでしょうか。

 

今回ご紹介するのはクリスタルです。

クリスタル自体、浄化やあらゆるものとの調和の意味を宿し有名ですが、ジオードボールになるとその浄化のパワーがよりアップするとされ、強い波動で場の運気も整えてくれるといわれます。

まずはその全貌からご紹介しまーす🎶

 

ドドーン

いかがでしょう?この存在感(笑)

img_4234

まず出逢った時のインパクトの大きさといったら破壊力凄まじかったのですが。

このジオードボールを手に取り、その内に秘めたきらめく結晶を目にすると。なんとも心がざわざわしました!

というか。

img_4233

えっ!

二つもあるの?と思われたあなた(笑)

二つあるんですよ。うふふ💓決して同じものをアングル変えた訳ではありません!😆

何故って結晶の風合いが違ってとても選べなかったから〜💓

 

至福のときってこの瞬間かしら?

ジオードボールをさわさわしながら浄化の時間を過ごしてみました。

img_4237

本当にストーンが喜んでいるのが伝わるかのような、触れている私自身もピュアなストーンの光に照らされているかのようでした。

 

ジオードボールの素晴らしいところは。浄化パワーだけではありません!丸い器のような形状から、持ち主の夢や願いを育み実現させる、目的への扉を引き寄せるとされています。

 

今回出逢った二つのジオードボール。

それぞれの表情がたまらなかったのですが。大地の香りをまとうかのような、ほんのりと黄色味がかった結晶は、大地に触れた瞬間の優しいぬくもりを連想させます。

対照的にキレのあるブルーの光沢のジオードボールからは、クリスタル本来の芯の強さ、深く貫かれた生命への賛美を感じます。

 

大地に抱かれる、そんな瞬間がありました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA