• 選び抜いた天然石で意思・意志・遺志を込めたジュエリーを制作

天然石でご縁を結ぶ いし結い師よりこです。

 

急遽帰省してた地元石川県レポ。

前回は城好きな私、念願の山城(白山市 鳥越城跡)へ行ってお蕎麦食べたよ、でした☺️

 

今回は美しい景色に魅了されると凍えてても分からない説、立証のエピソードです😂

 

 

お友達が絶対オススメよ、と紹介してくれた『鈴木大拙館』

ついに行けました☺️なみいちゃん有難う☺️

 

北陸の冬を象徴とする雪吊りが紅葉の色彩にも映えていますが、

それ以上に幾何学的な直線、立方体の建築に、優美な自然が互いの美しさをより鮮明にしてくれるようです。

 

 

仏教哲学者の鈴木大拙の言葉が散りばめられた展示。

 

その醍醐味は来場者自身が自分の言葉に視点を感じる空間つくり。

 

 

 

切り取られた『意識』

 

縁取られた『意識』

 

視点が後押しする『点』

 

点がつなぐ『空間』

 

 

すべてが絶妙に絡み合って、どうして今まで訪れなかったんだろうかと思ってしまう。

 

ひらりひらり。

円を描く秋を見つけました✨

 

 

やわらかい表情がたまらない✨

 

 

思考や意識の枠を象徴するようなスペースは、流動的な水の空間に囲まれており、その一角には小さな小さな視点の余白があります。

 

水が静かに流れ落ちてる、その場所が気になって。

塀沿いの小径へ行ってみました。

 

一体何があるんだろう?ワクワク感しかない状態。

 

そう、この先に何があるのか?

 

白い塀沿いを歩くとすぐに紅葉に目を奪われながら

 

 

向かった先にあるのはあの余白の受け皿。

 

曲線と直線がやはり交わるモニュメント。

波打つ光の陰影も受けとめる、余白空間より少し小さなその姿。

 

 

ヒトからは四角く見えても丸かったり鋭角だったりしても良い。

視点とは意識の中の一つの側面やね。

 

展示を象徴するスタンプ発見✨

来場者が思い思いに四角や丸・三角のスタンプを押して、視点の位置や広がりを楽しむ、そんな仕掛けのように感じました。

 

 

大拙館の後ろには本多の森。

本多の森公園は加賀藩の家老本多家武家屋敷が軒を連ねていたところなんやけど、あまりに綺麗すぎて。激写しまくり😂

すってんころりん行くのではと恐怖をおぼえた路。

 

この土地に生まれて、この土地を誇れる。

すごく嬉しい…。

 

 

そうこうしてる間に携帯のカメラボタンが押せなくなって気付く😂

寒い…。

 

美しい風景の魔力は絶大ね✨凍えてました😂

 

 

好評頂いている天然石の浄化レッスンは毎週水曜にお届けする事にしました♡明日ですよ♡

そちらもお楽しみに❗️

 

LINE@限定プレゼントを年末に向け企て中

是非にご登録下さいませ(=´∀`)人(´∀`=)

友だち追加

 

ファーストストーンのInstagramはこちら

細々とInstagramもやってます( ´ ▽ ` )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA